混載便で遠方への引越しの費用が安い

MENU

混載便で遠方への引越しの費用が安い

遠方への引越しはその距離に比例して同じ荷物を運ぶにも関わらず非常に高額になります。また引越し業者間の料金差も大きく、安い会社と高い会社で10万円以上の見積もり差があるなんてことも珍しくありません。

 

遠方への引越しを少しでも安くしたいなら、その分野が得意な引越し業者に任せることがおすすめです。

 

そこでここでは混載便を使って遠方への引越し料金を安くする引越のプロスタッフという会社をご紹介したいと思います。

混載便を使うとなぜ遠くへの引越しが安いの?

一般的な引越し業者では移動距離が400km、500km以上の遠方への引越しであっても1台のトラックで運搬するチャーター便を採用しているケースが多いです。

 

1件のお客様が遠方の引越し先までに掛かる燃料費や人件費、高速代を負担しなければいけない為に、距離が遠くなればなるほどその費用は高額になります。引越し先から戻る際にトラックを空荷で走らせるような業者なら、見積もりはさらに上がるでしょう。

 

これらの運搬コストを下げる為にプロスタッフでは、混載便という1台のトラックで複数のお客様の荷物を運ぶ輸送方法を採用しています。

 

宅配便やはがき、封筒などの配達物では当たり前に採用されている方法ですが、引越しにおいて同一地域への遠方への荷物を集めることは難しいために混載便で運搬できない引越し業者も多いのです。

 

引越のプロスタッフでは輸送量の多い関西(大阪、京都)と関東(神奈川、千葉)に支店を構えて便集めに尽力し、その他の地方についても地域密着の引越し業者と積極的に手を結ぶことで大手に負けない独自のネットワークを作り上げています。

 

同一地域への混載便はもちろんのこと、帰り道を空荷で走らせず帰り便も積極的に集め、混載便が集めにくい地域であってもコンテナ便やフェリー便を活用して遠方への引越しを格安で請負います。

 

プロスタッフは遠方への長距離引越しをサービスの質を落さずに格安の費用で安心、安全を第一に運んでくれます。

長距離引越しで混載便を活用する上での注意点

混載便の引越しで輸送コストを下げるためには、同一地域への荷物をいかに集めるかが大切です。その為に引越しが決まったらできるだけ早めに見積もり依頼をし、便集めのために日数の余裕を持たしてあげることです。急な引越しの場合は少ない件数で長距離輸送をしなければならず料金的な恩恵を受けられない可能性が高くなります。

 

また、到着日時も引越し業者任せになる可能性もあります。指定もできなくはありませんが、より安くなるのはフリー便です。混載便での長距離引越しの場合は、50km未満の近距離以上にトラックが走るルートによって無駄が省けます。日程はともかく時間指定で大回りを余儀なくされるとその分だけ料金が高くなる可能性が上がります。

 

その為、この輸送方法で一番恩恵を受けられるのは卒業を終えた学生さんが実家に戻る場合や単身赴任が自分の家に戻る場合など、すぐに荷物が必要ない場合です。

 

もちろん到着日や時間を指定したとしても、こういったお客様の荷物との組み合わせで輸送コストを下げることができるので、チャーター便よりは安くできる可能性はぐっと上がります。

引越しサービスの疑問にお答えします

引越し料金の相場が知りたいんだけど?

引越のプロスタッフでは特に荷物が少ない単身引越しの場合では電話で見積もりをしてもらえます。運びたい荷物や引越し先の条件を電話先で言える状況にあるなら相場どころか確定料金が分かります。

 

家族の引越しなどの荷物量が多い場合には訪問によって営業マンの目で荷物量を把握したうえでの見積もりになります。

 

ダンボールはもらえるの?

少しでも安い見積もりを提示するために単身引越しの場合は販売制になっています。荷物が多い家族荷の場合は、不揃いのダンボールによる荷崩れや破損、作業遅延を防ぐために無償提供しています。

 

荷造りや開梱はしてもらえるの?

一般的な引越し業者にあるサービスであれば依頼できます。荷造りや開梱はもちろん。エアコンやウォシュレット着脱などの電気工事、荷物保管や乗用車の陸送、ハウスクリーニングなども可能です。

遠方への引越し費用をより安くするための方法

引越し先が遠くの場合で、混載便以外の安くする方法をここではご紹介します。なにかと高い長距離引越しの料金を少しでも下げるために以下の方法を試してください。

 

繁忙期や忙しい日を避ければ激安引越しも可能

引越し料金は長距離、近距離を問わず繁忙期には跳ね上がります。ただし単価が高い長距離引越しを暇な日に変えた時の値引き高価は近距離以上に実感できるはずです。繁忙期や忙しい日を避けることが、料金を安くするうえでは最もおすすめできる方法です。

 

荷物をできるだけ減らして料金交渉をしよう

引越し費用を安くするために荷物をできるだけ減らすのは遠方に限らず有効な方法です。ただし遠方の場合は、距離に比例して料金がアップしていくために、ある時点から新居で買い直した方が安いという現象が起こり得ます。

 

その場合に真っ先に考えたいのが、トラック内でスペースを取る容積が大きい荷物の処分です。自転車やベッドなどは、容積が大きく積み重ねもできないためにスペースをより多く取ってしまいます。

 

またエコ化が進む冷蔵庫やエアコンなども買い直しすることになり、電気代を安くできるので購入してからある程度の期間が過ぎているのであれば、買い直しの候補として価値は高いでしょう。
【2019年最新版】おすすめ省エネエアコンを徹底比較!買い替えのポイントも

 

複数の引越し業者による見積もりで最安値の一社を

前述したように特に遠方の引越しの見積もりは業者間の料金差が大きいので、様々な引越し業者から見積もりを取ることも費用を下げるうえで大切なことです。

 

その際には、移動距離が長い遠方への引越しが得意な業者を選定して見積もりを依頼するようにしましょう。プロスタッフでは電話見積もりによって、より料金比較しやすいシステムを採用しています。他社の見積もりが高すぎて困っているならぜひ相談してみてください。

 

プロスタッフの混載便をさらに詳しく知りたいならコチラ↓
http://xn--wtqp05exvw.xyz/

 

 

 

混載便での引越しの相場を認識しておくことも大事なことではありますが、仮に幾分高めの業者だとしましても、交渉により料金を下げてくれるところもあります。

引越しに掛かる費用は運搬距離と日取り、荷物の多少によって異なってきます。遠方への引越しの相場さえ知っていれば、引っ越しをするという時に要する費用の検討をすることが可能です。高すぎるとしても混載便やフェリー便、コンテナ便などを利用すれば費用を節約することができます。

格安で長距離の引越しをするつもりなら、混載便を利用する何社かの業者をピックアップしてください。そうしてから、それらの業者に頼んで見積もりを提示してもらえば、最も割安な業者を見つけ出すことが可能なのです。

安心して任せられる引越し業者を見極めるためには、ネット上にある一括見積もりを活用して引越し料金を比較することが必要です。1社の見積もりを受け取ったところで、適正と言うことができる引越し費用を知ることもできません。

「引っ越しをする状況になったけれど、引越し業者を丸っきし知らない」とおっしゃるなら、引越し業者をランキング一覧形式で掲載しているサイトを指標にして業者を選び出すとうまく行くと思います。


引越し業者の評判は、ネット上のクチコミをチェックすればわかるでしょう。もちろんことごとく信用するのはリスクがあるでしょう。頭に入れておく程度なら安心です。

エアコンの引っ越しについては考えにないと言うのであれば、不用品として処分した方が賢明です。地方自治体によっては不用品として回収してくれないところもあるので、きっちりと調査してから廃棄してください。

東京から大阪への引越しに必要な費用の相場がいくらなのか見当がつかないと言うのなら、幾つかの業者の引越し料金を比較することを提案します。また距離が遠い場合は1台の大きなトラックに複数の荷物を混載することで引越し費用を安く抑えることができます。相場さえ知覚しておけば、筋違いの金額を要求されることもなくなるはずです。

遠距離の引っ越しをするときに発生した不用品を処分することを望むなら、廃棄物処理施設まであなた自身で持って行けば、無料で引き取ってもらえます。処分するものを自分で持ち込む面倒はありますが、無償というのは願ったりかなったりです。

単身の引越しと言うと、どの引越し業者も「引越し単身パック」という形でかなりの割安料金を提案しています。取り敢えず安くあげることのできる業者に頼みたいと言うなら、一括見積もりを効率的に活用して比べてみたら良いと思います。


繁忙期とは真逆の閑散期とされている季節に他府県へ引越しをすることにすれば、引越しの相場と比べて、すごく低い料金で引越しすることが可能です。

県毎に営業所があるような引越し業者はいろいろな人が使っているということもあって、口コミも数多くあります。口コミを熟読すれば、これらの引越し業者の評判を理解することが可能だと思います。

引っ越しをしなければならなくて、業者をセレクトしているとおっしゃるなら、引越し業者をランキング一覧にて載せているネットサイトをチェックしてみるとよいでしょう。低額でサービスのレベルが高いところを探すことができます。

今使っているエアコンを引越し後の住居でも使うことにしているなら、エアコンの引越しという作業が必要です。業者によって金額が変わるので、見積もりを依頼して比較検討するといいでしょう。

引越しをする折には、ネットを介してできる一括見積もりを効率的に利用して見積もりを出してもらいましょう。見積もり料金はかかりませんし引越し料金を比較検討することが出来ます。さらに他府県への引っ越しは混載便を利用している業者から見積もりをもらいましょう。

 

安心して任せられる混載便の引越し業者を探すには、ウェブ上の一括見積もりを利用して引越し料金を比較することが必要です。1社の見積もりを受け取ったところで、適正な引越し料金がいくらなのか皆目掴めません。

金額が安すぎても、逆に心配になるのがピアノ運送に要される代金です。ピアノ運送の平均的な料金を把握したいのであれば、ピアノを運ぶことを専門に行なっている引越し業者に見積もりをもらうようにしましょう。

繁忙期間は閑散期間とほとんど一緒の引越しを実施しても、費用は高くなるのが常識です。閑散期に東京から札幌の引越しを行なうようにスケジューリングすれば、代金を抑えることも可能ですので、季節によって変動する引越しの相場を掴んでおいた方が賢明です。

実際に住んでいる家に来訪してもらって引っ越しの見積もりをお願いするという時は、運び出す荷物がどの位の量なのかを正確に把握した上で、明確に知らせましょう。

遠いところへの単身の引越しなら、「引越し単身パック」などでお願いすれば格段に安く引越しすることが可能です。それどころか、業者の仕事が立て込んでいない時期に引越しを行なうという場合は、もう一声安くしてくれる業者もあります。


単身の引越しをしなければならず、かつ荷物が少量で専用のボックスに収められる程度だったなら、引越し単身パックが利用できますから、かなり価格を安くすることが可能なはずです。細かな時間指定はできませんが積み合わせにより輸送コストの削減で費用を安くすることができます。

引越しの見積もりは、どの業者も無償で行ってくれるでしょう。見積もりの代金を課せられることは全くないので、ネットを介してできる一括見積もりを利用して依頼してください。

単身の引越しをするという時も、運搬に使う自動車のサイズで代金が随分と変わってきます。何が何でも安く引越したいなら、大きい家具を運ぶのは中止にするべきです。

引越し料金を比較しますと、どこが最低料金の業者であるのかが判明します。少しでも費用を抑えたいなら、一括見積もりを活用して比較するよう心がけましょう。

遠方への引っ越しは輸送方法次第で安くすることができます。帰り便を偶然見つけることができれば最安値も可能だし、そういった便を見つけられるのは大手引越し業者の強みです。さらにJRコンテナやフェリー便など遠くへの輸送コストは色々あります。一番手軽なのは混載便です。同一地域への荷物を一台のトラックに積み合わせることで長距離輸送のコストを抑えることができ、引越し費用も安くなります。

チャーター便では費用が高すぎるときに、混載便を使う引越し業者を探すのもおすすめです。

ただし、混載便は自分が思ったタイミングで引越しをできないことがあります。ある程度便を集める必要があるので、どうしても翌日には荷物が欲しい場合には向いていません。

例えば単身赴任や実家返りの引っ越しなどで、荷物をすぐには必要でない場合に利用しやすいと思います。
いくつかの引越し業者を比較してみれば、抜かりのないサービスのところ、価格が他の業者よりも低めに設定されているところなど、各々の業者の特徴がわかるでしょう。個々人の望みを満たす業者を選択する時の目安の1つになるに違いありません。


引越しする家に持ち込む荷物に関しましては、捨てることができないものだけに限定することが大事です。格安で引越ししたいというふうに希望しているなら、搬送する荷物をリミットまで抑えることが必要です。

集合住宅ではなく独立した家のケースだと、エアコンの数量が多いはずなので、エアコンの引越しをする際には、引越し専門業者に細密な見積もりを出して貰うように意識しましょう。

引越しをしなければならなくて、業者をセレクトしていると言うのなら、引越し業者をランキングの形で提示しているWEBページに目を通してみるのも良い考えです。ロープライスでサービスが良いところを見つけることができます。

ピアノは、標準の家具とはまるっきり異なり繊細な造りとなっていますから、ピアノ運送を実施するときは、専門技術を持っている業者に託した方が安心です。

引越しをするのであれば、業者に依頼しましょう。引越し業者に関しましては、「有名だからきちんとした仕事をする」とか「有名じゃないから良くない」というわけではないのです。引越し業者を比較して選びましょう。

 

お役立ちサイト

価格.com - 引越し見積もり(無料)|一番安い引っ越し業者を比較
引越しの見積もりは比較することでまだまだ安くなります。

 

引っ越し手続きの順番とやること!引越し前と後、大事な15の手続き
引越し時には様々な手続きが必要になります。こちらのサイトをチェックリストとして漏れなくしておきましょう。

更新履歴